한국어 English 日本語 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Войти
Регистрация

Войти

Добро пожаловать

Благодарим Вас за посещение сайта Церкви Бога Обшества Всемирной Миссии

Вы можете войти на сайт, чтобы получить доступ к информации, предназначенной только Для членов сайта.
Войти
Логин
Пароль

Забыли пароль? / Регистрация

アメリカ テキサス州ヒューストンの ハリケーン「ハービー」被害復旧活動

  • Помощь пострадавшим от стихийных бедствий
  • Страна | アメリカ
  • Дата | 30 августа 2017
ⓒ 2017 WATV

アメリカ テキサス州を襲ったハリケーン『ハービー』の影響で、ヒューストン一帯が500年に一度あるかないかという大洪水に見舞われた。去る8月25日から29日まで、ヒューストンの一部の地域の降雨量は、米本土の歴史上最大値である1.31mに及ぶ。

ニュー
ヨークタイムズによれば、米洪水統制局の気象学者ジェフ・リンドゥノは「最近四日間の、この地域の降雨量は、ナイアガラの滝から15日間に流れ落ちる水の量と同じだ」と述べた。今回の洪水で住宅4万戸と車両50万台が被害を受け、ヒューストンが位置するハリス・カウンティだけで、45万人余りが生活の基盤を失ったものと推定されている。

都市全般の被害があまりにも深刻なため、アメリカ ヒューストン地域の神様の教会の聖徒たちは『隣人を自分のように愛しなさい』と言われた神様の御言葉に従い、直ちに被害復旧活動に乗り出した。ハリケーンが沈静化し始めた8月30日から9月10日まで、月曜日と安息日である土曜日を除く、計9日間(約2千時間)、のべ約420人が参加した。

それに先立ち、個人的に復旧活動に乗り出した数人の聖徒からの情報を受け、ボランティアたちは一番先に教会の近くにあるヒューストン・ビモ街に駆けつけた。状況は惨憺たるものだった。強力な豪雨により、道には浸水した車両や破損したオフィス用品が雑然と散らばっていた。3日間の復旧活動で、荒廃した通りは少しずつ本来の姿を回復し、憂いに沈んでいた住民たちも少しずつ勇気を取り戻した。

3日、ビモ街被害復旧作業を一段落させた聖徒たちは、教会から1時間ほどのところにあるハンブル地域へ移動した。地帯が低く、3メートル冠水したところもある上、排水速度が遅く、復旧作業も遅く始まったここでは、休日でもあったので、計120人余りの聖徒たちがボランティアを行った。壊れた壁とタイル、泥まみれになった家具やカーペットを家の外に引きずり出して、家の中まで入ってきた土砂をきれいに取り除いた。その後も三日間、10人余りの聖徒が、持続的に後半の復旧活動を手伝った。

ⓒ 2017 WATV

住民たちは、つらい作業にも献身的に取り組む聖徒たちを見ながら、感謝の涙を流した。被災民たちが直接的な支援を受けるケースが非常に稀だったからだ。被害を受けた親戚を助けるため、娘婿と一緒にこの地域を訪問して、聖徒たちの援助を受けたある市民が、ソーシャルネットワークを通じて書き込みを掲載し、神様の教会のボランティア活動が外部に知られるようになった。同地域の校長である彼の娘婿は、職員会議で地域社会の鑑だと聖徒たちの活動を詳しく説明したりもした。

。道を通り過ぎていく通行人が復旧活動をしている聖徒たちに、水とおやつを渡したり、住民たちが自ら聖徒たちのための食事を準備するなど、ボランティアはまた他のボランティアを、美談はまた他の美談を生んだ。

重装備が投入される前までに必要な緊急復旧作業を終えた聖徒たちは、市役所の案内で被災民らが避難しているジョージ・ブラウンコンベンションセンターに向かった。行き場を失った数千人の住民たちが、仮住まいしているここでは、救護品を分類して厨房と衛生施設を管理する人手が法外に不足していた。赤十字社とともに、避難所のボランティア活動を主管する、ヒューストンの代表ボランティア団体ボランティアヒューストンの承認を得て、金曜日と日曜日の両日間、計180人余りの聖徒たちが率先して援助した。

ボランティアヒューストンの責任者ジョニー・ジョーンズ氏は、「ここにいるすべての被災者とボランティアたち、ヒューストン市に代わって皆様に心から感謝する。皆さんはすべての被災者たちの人生を変えた。」と深い感動を伝えた。聖徒の積極的で真心込めた活動に感銘を受けた、ボランティアヒューストン側では、ヒューストン教会に公式エージェンシー(活動などを代行したり斡旋する人や団体)になってくれることを要請し、ヒューストン教会はボランティアヒューストンと永久的なパートナーシップを結び、協力関係を持続することにした。

金曜日には、ヒューストン市長や、歌手のジャネット・ジャクソンなどが被災者避難所を訪問し、被災民たちに勇気を奮い立たせ、ボランティアたちに感謝を表した。

隣人の痛みを自分のことのように考える聖徒たちの活動は、地域社会に大きな影響を及ぼした。助けが必要な所であればどこでも積極的に駆けつける聖徒たちの自発的な行動は、これからもずっと続けられるであろう。



Вводное Видео о Церкви Бога
CLOSE