한국어 English 日本語 中文 Deutsch Español हिन्दी Tiếng Việt Português Войти
Регистрация

Войти

Добро пожаловать

Благодарим Вас за посещение сайта Церкви Бога Обшества Всемирной Миссии

Вы можете войти на сайт, чтобы получить доступ к информации, предназначенной только для членов сайта.
Войти
Логин
Пароль

Забыли пароль? / Регистрация

Мир

痛みを抱えた子供達に伝えた小さい笑み

  • Страна | ドイツ
  • Дата | 12 августа 2012
痛みを抱えた子供達に伝えた小さい笑み

ホスピスは死が近づいた患者を入院させ、慰安と安楽を得られるようにする特殊病院だ。児童ホスピスには、癌、先天性奇形、エイズ等命を脅かす末期疾患の児童と家族達がいる。ドイツの児童ホスピスは全9ヶ所、そのうちシュテルンブリュク(Sternbrücke)児童ホスピスは訪問者の数は増える一方、管理員はたった一人なので、施設を管理するのに苦労していた。

8月12日、ドイツ ハンブルク教会の聖徒達が「痛みを抱えた人々のために小さな慰めになりたい」と、シュテルンブリュク児童ホスピスを訪れた。聖徒たちは雑草抜き、庭の手入れ、ペンキ塗り等野外の施設管理を手伝い、ホスピスの子供達と家族たちに快適な環境を提供するために、玉のような汗を流した。熱心に働く聖徒達の姿に、病院の職員達と療養中の患者達に笑みが生まれた。

病院施設管理員のマルチナ・リター(Martina Ritter) さんは、「人の手がとても足りなかったのに、神様の教会の聖徒達が関心を持ち来てくれて、大変助かった」と感謝の挨拶をした。
Вводное Видео Церкви Бога
CLOSE